永久抹消登録とは

廃車買取り手続きの永久抹消登録とは


廃車買取りでは買い取った車を処分するための手続きがありますが、その中の一つに永久抹消登録があります。文字通り永久に抹消してしまう手続きですから、車を解体しなければできない手続きとなります。解体処分によって行う手続きですから、解体処分を伴わない手続きは一時抹消登録となります。

ほとんどの人は車の処分に下取りや中古車査定を利用しますが、中古車として市場価値の無い車は通常のルートで販売できませんので処分をすることになります。車の解体処分ができるのは専門業者のみとなりますので、廃車手続きに入ると付属品以外は専門業者でなければ外すことができない状態となります。このことからもわかる通り、一時抹消登録でも永久抹消登録でも手続きをしてしまえば使用済み車となってしまうため専門業者以外には解体ができない状態となります。

廃車専門店では買い取った車をどちらかの抹消登録により手続きを行いますが、手続きが終わると廃車業者以外が解体することができなくなります。永久抹消登録は完全に解体してから行う手続きですから、再登録はできないことになります。再登録をする可能性がある場合には一時抹消登録をすることになりますが、リサイクル法によって制限が厳しくなっているため、個人が長期保管する場合でも屋根つきの囲いのある保管場所を用意し、保管場所の届け出が必要です。

法律により厳しく制限されているため、長期保管をすることも難しくなっています。不用な車がある場合には廃車買取り店を利用して処分するのが基本となります。廃車買取りでは通常は一時抹消登録をするのが一般的ですが、その理由には再登録ができることがあります。一時的に使用できなくなるだけでいずれは使用することが可能ですから、処分方法が決まっていない場合には有効だと言えます。

永久抹消登録をしてしまうと消失又は解体した車となりますので、国内では存在しない車となってしまいます。永久に国内で走行することはできませんので最終処分となる特徴があります。不動車であっても修理をすれば走行可能な状態になりますので、通常は一時抹消登録により廃車にされています。売却する側としてはコンディションが悪いために価値は全くないと感じてしまいますが、廃車専門業者から見れば価値がある車もあります。これが廃車買取りができる理由ですから、正当な理由を基に処分をしていると言えます。どんな状態でも価値はありますので、すぐに廃車手続きをせず専門店の査定を受けることが大切です。”